By | 2019年3月12日

転職といっても、その年齢に於いて求められるものは変わってきます。それぞれメリットもデメリットもありますが、どのような感じなのでしょうか。

20代

20代は新卒で入社して、働いてはみたけれど転職したいというタイミングです。

ある程度社会のことはわかっていても、また仕事内容を掘り下げて深いところまではわかっていないという状態になってきます。

転職においては、若い人を求める傾向にありますので、割と転職しやすいです。未経験でも年齢が若ければそこからまた経験を積めばよいですし、企業の人もそれを受け入れてもらえます。

ただ短い期間でやめてしまう場合、どうしてやめたのか聞かれますし、継続力がない人と思われることもありますので、不利な場面も多少あることとなります。

30代

30代はある程度仕事の経験も重ね、仕事内容も分かってきて、ある程度の困難も乗り越えてきた年代です。

役職が付く人もちらほら見えはじめて、上司にも部下にも気を掛けないといけない年代になります。この時期の転職は柔軟性があれば、転職がしやすいです。

経験も積んできて自分の仕事のやり方も身についてきた年代ですが、新しい会社ではそれが適用しないこともあります。転職先企業は若さと経験を両方とも求める年代です。

まだまだ初心を忘れないで、真摯に仕事に取り組む姿勢があれば、認めてもらいやすくなります。

40代

40代は勤続10年以上となり、ベテランの域になります。仕事内容はほぼ完ぺきにこなし、更なる発展や工夫を求められる年代です。

この年代の転職は給料も高くなってしまいますし、プライドもある程度あることから、転職先企業は慎重に物事を捉えていきます。

どこにいっても通用するような専門的な仕事でしたら問題はありませんが、そうではない場合、初めての場面もありますし、新しい気持ちで挑むことが大切です。

胡坐をかいていても前には進みませんので、動じることなく努力することが転職のポイントとなります。

https://allworkgetsystem2019.jp/