By | 2018年9月10日

GMOコインはビットコインだけでなくアルトコインを扱っています。アルトコインは次のビットコインを目指して作られた仮想通貨で、様々な優れた面があります。

ビットコインの反省点を生かしたものが多いだけでなく、全く独自の進化を遂げたものも多くなっています。

GMOコインは実用化が進んでいるアルトコインが多い

GMOコインで扱うアルトコインは種類が少なめですが、実用化が進んでいるものが多くなっています。具体的にはイーサリアムとビットコインキャッシュ、ライトコイン、リップルの4種類です。

イーサリアムはもっとも実用化が進んでいる仮想通貨の1つで、様々な契約情報を記録した上で決済と連動させられるのが魅力です。

将来的には不動産を取引すると自動的に権利情報や役所への届出を行ってくれるなど、高度な自動化に寄与すると見られています。また、イーサリアムから派生する形で仮想通貨を生み出すことも可能になっていて、イーサリアムベースの仮想通貨も次々と誕生しています。

ビットコインキャッシュはビットコインから分岐する形で誕生した仮想通貨で、使い勝手を良くするための改良が重ねられています。

ビットコインは世界で最も有名仮想通貨ですが、仕組み上制限も多く使い勝手が悪い面もあるのです。ビットコインから誕生した仮想通貨の中でも改良が進み、世間的な認知度が高いのがビットコインキャッシュの魅力です。

ライトコインは軽量で短時間に大量の処理が行えることが魅力のアルトコインです。ビットコインは決済に時間がかかることが問題だったため、ライトコインが登場した歳の決済速度の速さは世界に衝撃を与えました。

日本発の仮想通貨モナーコインもライトコインの仕組みを利用していることでも知られています。ライトコインとモナーコインはそれぞれ独自に進化しているため、現在では全く違う仮想通貨になっています。

リップルは仮想通貨の中でもかなり特殊な位置をしめています。リップルは金融機関が利用することを前提に開発された仮想通貨で、送金スピードが速いだけでなく決済手数料が安いことが特徴になっています。

リップルを利用すれば海外送金の手数料を大幅に節約できるため、銀行業などに多大な影響を与えると見られているのです。実用化に向けた試みが進んでいる仮想通貨の1つでもあります。

実用化が進んでいる分価値がゼロになる恐れが低い

GMOコインが扱うアルトコインの特徴は実用化が進んでいる分価値がゼロになる恐れが低いということです。アルトコインは世界中で誕生し続けていて、その全貌を把握すること自体が難しくなっています。

中には詐欺的なアルトコインが混じっているのも現実で、価値の暴落が話題になるケースもあります。

GMOコインは信頼性の高い仮想通貨のみを扱っているため、価値がゼロになる可能性が低いのが魅力になっているのです。