By | 2017年7月25日

DHA 女性
青魚は健康に良いと知られるようになり、厚生労働省でも青魚に含まれているDHAやEPAを1日1000mg摂取することを推奨しています。生活習慣病予防などの健康効果が高いDHAとEPAですが、実は女性にも嬉しい美容効果も秘められています。

DHAとEPAには抗炎症作用がありますから、肌荒れなどの炎症を鎮めてくれて回復を促す作用があります。ニキビや季節の変わり目などに起きやすい肌荒れ、冬場の乾燥によるかゆみや赤みなどをしっかり防いでくれて、健やかな美しい肌を目指せます。

また、DHAとEPAには血液サラサラ効果があり、代謝をアップしてくれます。代謝と美肌は大きな関係があり、代謝が良くなるとターンオーバーが活性化されて古い角質がはがれやすくなります。

シミやニキビ、しわやくすみなど様々な肌トラブルが改善しやすくなり、新しいきれいな細胞が肌表面に上がってきて美肌を目指せます。

血行が良くなるということは肌にも栄養をしっかりと届けられるようになります。肌の回復力や再生力を高めてくれますから、潤いやハリ、透明感のあるきめ細かな肌へと導いてくれます。

そして、代謝が上がるということは普段よりもエネルギーが使われやすくなり、体に脂肪が付きにくくなります。少し運動しただけでもしっかり脂肪が燃えるようになりますから、ダイエットサポートとしても効果的です。

また、血液中の中性脂肪やコレステロールを下げてくれますから、太りにくくなります。血行が良くなるということは手足などの末端にもしっかり血液が流れ込むようになります。女性に多い冷え性の悩みを改善してくれて、冬場でも手足が冷えにくくなります。

また、血行が良くなるとリンパの流れも自然と良くなりますから、むくみ解消にも役立ってくれます。

これだけ女性には嬉しい効果がありますから、しっかりとDHAとEPAを取るようにしましょう。しかし、推奨量の1日1000mgを食事だけで取ろうとすると大変ですし、最近は魚が苦手だという女性も増えています。

やはりDHA・EPAサプリメントを活用するのがおすすめで、不足しがちなDHAとEPAをしっかり補ってくれます。

美容全般に効果があり健康にも良いDHAとEPAですから、サプリメントを上手に取り入れてインナーケアできれいを目指しましょう。